【ロシア杯】ポーランド戦にブーイングの嵐!?日本は本当に試合放棄したのか




こんにちは!はなはなです。

今、まさに話題中の話題!ロシア杯が熱いですね!!

そして、日本が、なんと決勝トーナメントに進出しました!!

おめでとうございます✨

なのですが、ちょっとそれに進んだ方法が賛否両論のようです。

日本はポーランド戦の試合を放棄した?!

【日本0-1ポーランド】

一次リーグ最後の試合です。日本は負けました。でも、結果的には決勝トーナメントに進めています

それはなぜか?

勝1分け1敗で勝ち点4から伸ばせなかった日本。

しかし、同じように、勝ち点で並んでいたセネガルがいた。

そのガルを順位決定規定のフェアプレーポイント差で上回り、同組2位で1次リーグを突破した。

試合前、西野監督はこんな風に話していた。

 日本は負けてもセネガル-コロンビアの結果次第で勝ち抜けの可能性があるが「他会場を気にしたくないし、選手に伝えるつもりもない。それによって動きが変わらないように。ベンチワークも重要になる」。目の前の試合に集中し、自力で決勝トーナメント進出をつかみ取る構えだ。

それが、見事に覆された試合をしたのです。

どんな試合か。

終盤で時間稼ぎに終始したことに対し、ポーランドのサッカー界からは試合後に「フェアプレーに反する」などと批判が相次いだ。

そうなのです。

負けていた試合ですが、これ以上点数を取られなければ、決勝トーナメントに進出出来ることが分かった時から
ボールを回すだけの終盤10分になったのです。

そのことによって、地元紙では、

「スキャンダルだ。日本はボールを回して時間を稼ぎ、ポーランドは攻撃しなかった。両国はサッカーをばかにした」と批判した。日本については「今やサムライと呼ぶのも気が引ける」と酷評した。

 

フェアプレーポイントの差で日本が決勝トーナメントに進出したことにも触れ、「ボールを回して終了の笛を待つことが『フェアプレー』だろうか」と疑問を呈した。

というように云われている。

また、 ロシアの国営テレビの番組で司会者が「もう日本を応援するのをやめる」と宣言する等、
大きな裏切りと感じさせてしまう試合だったようです。

Sponsored Link

日本人はポーランド戦をどう見ているのか!?

決勝トーナメント進出がかかったポーランド戦。

日本人のファンの方々は、この試合をどう見ているのでしょう。

確かに。この試合に勝つことはポーランドにとっても意味があったんですよね。

まだ1試合も勝っていなかったので、ここで1勝利上げたいと。お互いの思惑が合致したってのも
あったんでしょうね。

そんな風に思うファンも沢山いそうです。

めっちゃ監督評価している人もいます。

確かに、監督の仕事とは何か?ということですよね。

これでもし負けたら、批判されます。負けたら、どんな負け方しても批判される
のでしょう。大変な仕事です。

とても興奮されている方もいます。

はい、そうですね。

怒っているかたももちろんいますよね。

厳しい見方もありますよね。

でも、更に深く考えている人もみえます。

Sponsored Link

決勝トーナメントではベルギーと対戦!!

賛否両論のポーランド戦でした。

でも、結果、勝利したので次があるんです。

監督は、今回の試合を、

厳しい選択。(中略)このピッチ上で万が一が起こらないよう他力の選択を選んだ。負けてる状況をキープしている自分、チーム、本意ではない選択をしている。他力を頼っている我々…。非常にシビアな状況だったと思う。最終的にこのまま、このままでいい。選手たちがいかなるブーイングに負けず、実行した。

と云っています。

「他力」の選択をしたことをはっきりと認め、それをきちんと選択という、勝利への道として選ばれたのです。

結果、勝つことが出来ました。

監督は信条に反しているといっています。

自分の信条からすれば不本意です。ただ、W杯はそういう戦いもあって、それの選択が正解と出れば、それは勝負に勝ったということとチームとしても思いたい。

スポーツをしているのなら、全力でぶつかって勝利したいはずです。

勝ち点あげて勝利した!!と思いたいはずです。

しかし、ゴールはここではありません。

まだまだ先があるのです。

そこを見越した時、この選択を選ばれた勇気に拍手を送りたい思いです。

そして、繋がったからこその7月3日の午前3:00から ベルギーとの対戦!!

そこで、是非とも求めるべく形の日本のサッカーをしてください!!

応援しています!!

Sponsored Link