浜崎あゆみのライブ衣装にファンからの悲痛の声!社長に懇願する




こんにちは、はなはなです。

1998年に歌手デビューした浜崎あゆみさんはまさに「歌姫」

誰も寄せ付けない、圧倒的オーラで平成の歌姫として一世を風靡したアーティストです。

衣装も毎回美しく、かっこよく、それもまたライブステージのファンの楽しみでした💛

その頃から熱いコアファンがいらっしゃり、今も尚健在です。

それが2018年5月のこと。

ファンから、社長へ「浜崎あゆみどうにかしてください」と直訴があったとか・・

どういうことなのか、詳しくみていきたいと思います。

ファン悲痛!大好きなあゆをもう笑いものにされたくない!!

出典:アイクル

話題にあがったのが、このツイート。

本人とちゃんと話します、ってどういうこと!?と思ったファンも多いようですが、

このツイートにたいして、

これ以上笑いものにされて欲しくないので、変わってくれることを願ってます」と
返事をしたそう。

これを皮切りにあゆファンからの、社長への直訴がスタートしたのです!!

Sponsored Link

社長への直訴の内容がこちら

社長の松浦勝人さんは、浜崎あゆみさんの育ての親のような方です。

なので、ファンからこんな直訴があったのでしょうね。

 

【チケット代:衣装】その実態は?

色々、不満があがっているなかで、チケット代が高い!衣装がマンネリ!!そういう声の実態を
みてみます。

チケット代

直近のライブで、全席指定 9,600円。

この価格が安いのか高いのか、、ライブに行ったことがない人だと分からないですよね。

同じ会場で他のアーティストと比較してみます。

会場は、ゼビオアリーナ仙台

JUJU  全席指定  8,888円
MIWA  指定  6,800円
絢香  全席指定 6,800円

これらから比較すると確かに高い気もしますが。

歌姫、の頃を知っていると、そのブランド価値としては妥当ではないか、と思われます。

それでも「高すぎ!」と声が上がるのは、満足度が下がっている証拠ですよね。

だって、ファンですもの。大好きなあゆに会えるならば金額じゃないはず。

でも、そう声が上がるというのは、、、この意味を真摯に受け止めないといけないですよね。

Sponsored Link

衣装について

2016年~2017年頃の衣装を見てみます。

これは、すごくキレイに見えますね。

でも写真とか映像って嘘が上手ですから・・

2017年のライブです。

出典:temita

確かにファンの方のお言葉が分かります。。

こんな姿ちょっと見たくないですよね。

これも同じくらいの時期です。確かに体型がきになっちゃいます。

 

社長への直訴が今後どうなるかが楽しみ!!

出典:utaten

このファンからの声が、浜崎あゆみさんにどう届くのか。

それでどう変わっていくのか。

これからが楽しみですね。

全盛期のようなあゆ、また見たいです★

Sponsored Link